早朝・深夜でも安心して働ける高収入風俗アルバイトなら「巨乳母キャリア向上委員会」

巨乳母キャリア向上委員会 06-4862-7677

TOP > 託児所ページ

子供ロゴ

性風俗の世界ではシングルマザーに短時間勤務で高時給を稼げる仕事、そして即日入居可能なマンション寮や託児所などの生活インフラを提供する機能を果たします。
しかし、これまで性風俗店で働くシングルマザーたちは将来設計を考える余裕すらなく、ただただ子供を手放したくない、子供と一緒に暮らせていることだけを支えに性風俗の仕事をこなしてきました。しかしその一方で「育児放棄」という大きな社会問題が発生。
食料を与えられずに餓死寸前の子供など、命の問題に関わるケースも多く、耳を塞ぎたくなるような事件が発生しています。そのほとんどが性風俗や売春で生計を立てるシングルマザーなのです。
事件ファイル1
2014年5月31日【神奈川県厚木市理玖ちゃん所在不明餓死事件】神奈川県厚木市のアパートの一室で子どもとみられる白骨遺体が見つかった事件で、食事や水を十分に与えず、約7年前に男児の斎藤理玖ちゃん(当時5歳)を餓死させたとして、保護責任者遺棄致死の疑いで父親が逮捕された。
事件ファイル2
2010年7月30日【大阪2児餓死事件】大阪市西区南堀江1丁目のマンションの一室で7月30日未明、幼い女児と男児の遺体が見つかった。「部屋から異臭がする」という女性の勤務先の風俗店の男性従業員からの110番で駆けつけた西署員が2人の遺体を発見した。遺体は腐敗が進み一部が白骨化していた。府警は同日午後、この部屋に住んでいたファッションヘルス「クラブ◯ッチ」の店員下村早苗容疑者(23)を死体遺棄容疑で逮捕し、発表した。府警は西署に捜査本部を設置し、殺人や保護責任者遺棄致死容疑の適用を視野に捜査。
事件ファイル3
2009年4月7日【西淀川区女児虐待死事件】大阪府大阪市西淀川区の小学4年生の10歳女児松本聖香ちゃんが行方不明となり、親によって家出人捜索願が出され、大阪府警が捜査。 その後、女児母親 松本美奈(当時34歳)と同居男性 小林康浩(当時38歳)、知人男性 杉本充弘(当時41歳)の3人を任意で事情聴取。小林康浩が「聖香が家のベランダで死んだので、遺体を奈良県に埋めた」と供述。4月23日、奈良県奈良市の山中にある墓地で、供述通り聖香ちゃんの遺体が見つかった。そして女児母親・松本美奈と同居男性・小林康浩と知人男性・杉本充弘が死体遺棄罪で逮捕された。
そして、20☓☓年◯月大阪市淀川区のとあるマンションの一室で子育てに悩むひとりのシングルマザーが…
その時、“南斗乱れるところに北斗現る”とあるように救世主現る


南斗六聖拳「仁星」の男シュウのコトバに惹かれて、巨乳母キャリア向上委員会の委員長が立ち上がりました。
“今より輝こうとする子どもたちの光を奪い去ることは許さん!”と性風俗の世界ではありますが、少しでも役に立てばと“ただで命をくれとはいわぬ!かわりに おれの光をくれてやる!!”思いで【出産へ向けての不安解消】【シングルマザーの自立支援】【母と子の幸せな将来】の3つの柱を軸に画期的な無料で託児所を利用できる【今より輝こうとする子供たちの園】なる制度を導入しました。

巨乳母キャリア向上委員会では、【出産へ向けての不安解消】【シングルマザーの自立支援】【母と子の幸せな将来】の3つの柱を掲げる通り、とくにこのような境遇のシングルマザーからの応募が多数あります。
そして、この制度は彼女らの不安や悩みを解決することに役立っています。
また働くママのお子様も弊社の大事な一員と考えており、お子様の成長を共に支えていきたいと考えております。
頑張るママを、仕事の合間にほっこり(●´ω`●)していただくために。
寝顔を観察できるライブカメラを設置していますので、
リアルタイムで子どもたちの様子をご覧いただけます。

子ども達の保護者様以外見ることができないよう、
パスワードをつけ、防犯対策としても高い安全性を提供しておりますのでご安心下さい。
このような非情な事件を当店は未然に防ぐよう尽力します。
4歳の長男を日常的に虐待か 傷害容疑で両親を逮捕
長男(4)に暴行を加えてけがをさせたとして、 警視庁は東京都葛飾区高砂7丁目の風俗店従業員、沖間友紀容疑者(26)と横浜市泉区岡津町の職業不詳、向山純貴容疑者(26)を傷害容疑で逮捕し、 14日発表した。

調べに対し、沖間容疑者は容疑を認め、 向山容疑者は「けがをするほどしていない」と説明しているという。
人身安全関連事案総合対策本部によると、事件当時両容疑者は内縁関係で、 長男は2人の実子とみられるという。
長男の体には複数のあざがあり、同庁は日常的な虐待があった疑いもあるとみて調べる。
沖間容疑者は「言うことを聞かない時にたたいたことがある」と話しているという。
逮捕容疑は、葛飾区のアパートの一室で、沖間容疑者は1月に2回暴行を加えて右目や太ももに約1週間の打撲を負わせ、 向山容疑者は昨年3月、両耳を引っ張るなどして約1週間のけがを負わせたというもの。
長男は今年1月27日、嘔吐(おうと)とけいれんの症状で救急搬送され、硬膜下血腫などと診断された。
手足にあざもあり、虐待の疑いがあるとして同庁に届け出があった。
長男はその後、保護された。
また、昨年2月ごろには長男が右腕を骨折し、 通っていた保育園が虐待の疑いがあるとして葛飾区に通報。
当時、沖間容疑者は園側に「自転車で転んだ」と説明していたといい、 同庁は経緯を調べる。
同じアパートに住む女性は「尋常じゃない大きさの子どもの泣き声を聞いたことがある」と話した。
アパートの管理会社には近隣住民から子どもの泣き声の苦情が複数寄せられていたという。
高松の2女児放置死 逮捕の母親は3日早朝まで飲酒か
高松市内で車に女児2人を放置し死亡させたとして、 香川県警が4日、保護責任者遺棄致死の疑いで、母親の無職、竹内麻理亜容疑者(26)=高松市川島東町=を逮捕した事件で、 2人を車に残したまま竹内容疑者は2日夜から3日早朝まで飲酒していた疑いのあることが4日、県警への取材で分かった。
県警によると、竹内容疑者は2人を長時間車内に残したまま、複数の飲食店で酒を飲んだ疑いがある。
調べに対し黙秘しているという。
亡くなったのは、いずれも幼稚園児で、長女の真友理(まゆり)ちゃん(6)と次女の友理恵ちゃん(3)。
3日午後に意識不明の状態で見つかり、搬送先の病院で死亡した。
熱中症とみられ、県警は司法解剖して詳しく調べる。
逮捕容疑は2日午後9時~3日午後0時40分ごろまでの間、 市内の駐車場に止めた乗用車に2人を置き去りにし、死亡させたとしている。
県警によると、竹内容疑者は3日早朝まで酒を飲んでいたとみられる。
その後、車を駐車場から路上に移動。後部座席で2人がぐったりしているのに気づいて3日午後に119番した。
3日の同市の最高気温は9月としては過去最高の37.6度だった。
竹内容疑者は夫と娘2人の4人家族。